アイドル見るのが呼吸ZZ

河合向日葵 NGT48 キンプリ 乃木坂46  欅坂

はちみつロケット「ROCKET FUTURE」のMVは惜しい

ももいろクローバーZ スタダアイドルから

乃木坂 NGT STUに移行しつつある自分ですが

 

ももクロ妹分アイドルグループ

はちみつロケットの新曲のMVが公開されました

www.youtube.com

 

 

曲自体は とても綺麗なメロディで

ライブ重視でもなく 音質も良く

メジャーデビュー以降のはちみつロケットの楽曲の中では

一番良いかもしれない(おかしなわたしもいいけど)

 

ただ…ひとつ残念なのは

新体制になってからは 恋愛ソング路線はやめるのかな…

ってことですね

 

はちみつロケットはずっと恋愛ソング縛りで今まで出してきましたから

曲自体が糞でも恋愛ソングで勝負するのは自分が唯一評価してた部分ですからね

 

なので曲はいいけどメッセージ性も弱いし(メンバー抜けても大丈夫ってメッセージなのはわかるけど)エモさみたいなのが無い

 

アルバムにあったら良い曲だけど シングルとしては弱い

ってのがぼくの総合的な感想ですね

 

 

曲自体よりも語りたいのはMVについてです

ぼくはこのMVは はちみつロケットのMV中で一番良いと思う

 

理由は 可愛いとかギャグをやめて

”完全に綺麗に見せることに徹した”

 

じゃあどうしてはちみつロケットは小細工しないで

普通に綺麗に見せるのがいいかと言えば

 

どんなに真面目に撮っても

はちみつロケットのメンバーはアホっぽく見えるからです

 

 

つまり どうやってもはちみつロケットはアホっぽいので

真面目にMV作るくらいがバランスが取れる

逆に笑わせようとすると滑る

f:id:tc26_a:20191110091639j:plain

それをわかってないスタッフがMVを作るから

作るだけ無駄菜MVまみれになってしまった

 

 

しかし である

 

このMVは 方向性は正しいけど やはり映像として面白くない

 

www.youtube.com

同じ低予算MVの乃木坂「君に贈る花がない」と比べると

その差は歴然です

 

別にはちロケのMVが悪いわけじゃない

しかし才能の差がはっきりと出てしまっている

 

同じ低予算で同じ場所で歌って踊るだけ 顔のアップ

それなのに微妙な編集の差 撮影の仕方の差でここまで違う

 

 

でも一番の違いは

振り付けなんですよね

よく振り付けの難易度の話する人いますが

ぶっちゃけダンスの難しさなんて一般人は気にしない

良いか 悪いかでしかない 乃木坂は振り付けがいい

 

それと比べると はちロケの振り付けはダサいのである

なので振り付けも含めて微妙

 

それプラス衣装も微妙

なんか上品に振りすぎて可愛らしさも無いしエロさも無いし

重そう…としか思えない

 

 

ぼくは今回のシングルは 恋愛のバラードソングのほうが合ってたと思う

恋愛バラードで真面目なMVがベストだった(冬だし)

もしくは新体制バージョンで「お願いメテロティス」をシングル・カットすべきだった

 

 

あと一番良いたいのは

まともな曲 MVを出すのが遅すぎた

これに尽きる もう全てが遅すぎる なんで今頃になってマシなMVを?

なぜ最初からやらなかった?修復不可能