アイドル見るのが呼吸ZZ

河合向日葵 NGT48 キンプリ 乃木坂46  欅坂

乃木坂46高山一実の小説「トラペジウム」の感想1

ももいろクローバーZ スタダアイドルから

乃木坂 欅坂 日向坂 NGT STUに移行しつつある自分ですが

 

乃木坂46のメンバーである高山一実が書いた小説

トラペジウムの感想を書こうと思います

 

f:id:tc26_a:20190513024406j:plain

といっても まだ全部は読んでいないので途中までの感想

続きは読み終わってから書きます

 

 

まずこの小説 小説の面白さ 上手さ とか以前に

”ある変わった特徴”があります

 

その変わった特徴が 良さであり また最大の欠点でもあるのです

 

 

その変わった特徴とは何か

主人公はほぼ高山一実ということです

「そりゃアイドルグループを作りたい主人公の話なんだからほぼ私小説に近そうだし本人が主人公でしょ」と言われそうですが でも読めばわかるのですが

 

主人公は陰キャラっぽい性格で描かれているのです

でも高山一実さんは陰キャラではなく むしろヤンキーです

 

つまり”陰キャラのように描かれてるけど実際はヤンキー”という変な主人公のお話だから それが面白さでもあり 欠点でもある

 

 

具体的に言うと

陰キャラだから華のある女の子を集めるために奮闘するストーリーだけど

時折ギョッとする強気な発言や考えをするので「この主人公なんなの?」「サイコパスなの?」「多重人格なの?」みたいな混乱を生む

 

なんてことはない 普通にヤンキーとして描けばいいのに

高山さんが謙虚に自分を陰キャラとして設定するからおかしくなってるだけなのである

 

ただ…”中身はヤンキーなんだけどアイドル好きのおかしな人”としてちゃんと描けてないとも言えるので 単に著者の力量不足とも言えます

 

 

なのでこれからトラペジウムを読む人は

「これは千葉の田舎のヤンキー娘が主人公」と脳内補完すればスムーズに読めると思います

 

 

全体のストーリーの感想は全て読み終わってから書きますが

とりあえず今のところは正直…中高生が書いたライトノベルって感じでしょうか