アイドル見るのが呼吸ZZ

河合向日葵 NGT48 キンプリ 乃木坂46  欅坂

3/9 欅坂46全国握手会幕張メッセ さよなら!長濱ねるママ

ももいろクローバーZ スタダアイドルから

乃木坂 欅坂STU NGTに移行しつつある自分ですが

 

ついに欅坂46全国握手会 幕張メッセに初めて参加しました

 

初めて参加はいいのですが…その直前にまさかの長濱ねる卒業発表

なので単なる初めての全国握手会が 凄く意味合いの強いイベントになってしまいました

 

 

まず全国握手会の説明ですが

全国握手会とは「CDについてくる握手券の握手会」です

それとは別にネットで予約して買う「個別握手会」があります

個別握手会は少し時間が長く話せますが 

乃木坂も欅坂も国民的アイドルクラスの人気なので

「あくまで応募」で当選するかわかりません

 

全国握手会は誰でもCD買えば参加できますが短いのと

ソロレーンメンバー(人気があるメンバーの個別の握手)以外は

三人や二人と握手になります

 

 

まず海浜幕張駅に着いて妙だったのは

そんなに握手目的っぽい人が見当たらないんですよね

「欅坂人気つってもそんなもんなのかな」って思ったら

基本的みんな始発とか6時とかそんくらいに着いて

9時とか10時くらいはとっくに長蛇の列って感じみたいです

 

駅から外でたら一気に握手会向かう人達で溢れかえってました

 

 

 

でびっくりしたのが幕張メッセに到着した時です

f:id:tc26_a:20190310002140j:plain

人が多いっていうか

ほぼコミケです

 

 

地下アイドルとか 普通のアイドルの特典会に慣れてる人にとっては

フリーライブ特典会イベントって

気軽に見れて特典会は長くても2~3時間とかじゃないですか

 

もう幕張メッセ周辺はコミケ状態でどこがなんの列なのかわけがわからない

そもそも人気あるのに長濱ねる握手列は別とか特殊な日だったので

凄まじいことになってました

 

そこでぼくが思ったのは

「あっ これ直前に体調悪いってことにして休むアイドルの気持ちわかるわ笑」

でした

 

普通のレベルの握手会ではないのです とんでもない長さの握手会になる

 

 

 

で ぼくの目的は握手会ではないんですよね

実は全国握手会は最初にライブがあるのです

 

乃木坂 欅坂 日向坂 坂道グループ(つーかソニーね)は

握手券一枚でフリーライブを見れる

握手したい人はフリーライブ見ない もしくは最低二枚用意しろってシステムなのです

 

そんでAKBグループ(坂道以外のSKEとかSTUとか)は一枚でフリーライブも握手もできるシステムのままって感じ

 

おそらく坂道グループはあまりにも人気になりすぎたために

ライブだけでも有料ライブクラスの手間がかかるようになり

ライブだけでも券用意しろやってシステムに変更された

 

 

 

つまりこういうことです

AKB坂道グループのCD買えばとりあえず誰でも

全国握手会の日にライブ見れます だからCD売れるのです

卑怯といえば卑怯ですよね

 

とはいえ だ ほかのアイドルだって同じようにリリイベやってる

しかし乃木坂欅坂はブランド価値があるので 単なるリリイベが

巨大な一日中かけて行われるイベントになってしまうって感じなのですよね

 

 

 

 

さて 実際握手会のライブとはどんなもんなんだろう

安っぽい舞台に小さなスピーカーでちょろっとやるだけを想像していた

 

ホールに入るとちゃんとした巨大スピーカーに欅坂の旗など用意されていて

普通のイベントクラスの設営がなされてました

 

単なる全国握手会だけど サカナクションももクロなども使用するホールが

満杯になる…こりゃ他が太刀打ちできるわけがない

 

 

客は若い子ばっかなのはもう驚かないけど

意外だったのは小学生の女の子をチラホラみかけるんですよね

だいたいももクロ現場とかは「親が無理やりモノノフにさせた痛い一家」とかですが

そんな雰囲気もなく 「子供が行きたいから連れてきた」って感じの家族ばかり

 

おそらく「将来アイドルになりたい子」「アイドルに憧れてる子」って感じだと思います(アイカツとかで昔と今じゃ全然違うし) アイドルになりたい系の子は欅坂応援する流れなんでしょうね

 

あと女性ファンも多すぎる おそらく乃木坂と違って欅坂の場合は

「私も黒い羊だ…」「サイレントマジョリティーは私だ…」みたいな人が応援してると思われる とはいえ基本的には大学生の男子がメインって感じの客層

 

いかにもドルオタのおじさん を探すのが大変ってなくらい若い人ばかりです

 

 

 

ライブの感想

全国握手会のライブはCDに収録されてる曲だけをすべてやるシステム

 

Overtureからスタート ここで一気にももクロ現場っぽい雰囲気になる

サッカーの応援みたいな掛け声

まずNobodyから 生まれて初めて生の欅坂メンバーを見る

 

平手友梨奈って実在したんだ!

が第一印象

 

この感覚は新鮮 今のアイドルって距離が近すぎて芸能人感が無いから

 

途中で日向坂に改名したひらがなけやきも出てくる

てっきり日向坂に改名したからやらないと思ってた

 

もっと淡々としたライブを想像してたんですが

ちゃんとライトの演出やVTRの演出もあり

途中でMCも挟んで 新メンバーの紹介もしたりで

「ちゃんとしたイベント」でした

 

思ったのが「やっぱ日向坂は人気ある」って感じですね

ぶっちゃけた話今現在は欅坂+日向坂の人気なのです

どっちも応援してる人ばかりなのでわかれたらドバっと欅坂の人気下がるってことはないですが おそらく日向坂メンバーだけ応援してるって若い子が多いと思われます

だからこそ日向坂に分かれる前は欅坂とひらがなけやきファンで荒れてたんですよね

 

 

すごいのが平手友梨奈はいっさいMC参加しない

他のメンバーがMCやる

でも平手友梨奈はセンター固定で握手会免除

 

このあたりでファンの不満となぜメンバーが次々に辞めるのかが見えてきます笑

 

そして欅坂の暗い雰囲気と日向坂のコミュ力高めのキャバ嬢っぽい「いかにも」なアイドル感の対比 「日向坂人気でるだろうな」ってのを感じさせます

 

 

途中で長濱ねるのソロ曲「否定した未来」

おそらくサビ意外は生歌でサビの高いところは口パク

 

生の長濱ねるの印象は 凄まじくムチムチのぽっちゃり体型のエロい子

ただルックスは…あまりにも知名度が優先されすぎて そこまででもないかって感じ

 

歌い終わったあとに卒業についてのMCがあったけど

これだけ日本中話題になってるにもかかわらず淡々としたもので

ファンもそんなに真摯に受け止めてる感じもなく

 

”長濱ねる卒業で日本中が揺れてる”はファンタジーの世界で

長濱ねるは素人に近い 有名にされてしまっただけの女の子っていう現実をみせつけられました

 

 

あーなんか欅坂とか日向坂とか 人気あるだけでペラッペラだなと

少しテンションが下がり気味で 最後の最後に「黒い羊」をファンの前で初披露

 

ここで度肝を抜かれました

 

MVと同じように平手友梨奈とメンバーが抱き合って突き飛ばして

また違うメンバーと抱き合って突き飛ばして 

もうアイドルの歌とダンスよいうより パフォーマー集団

演劇です 曲を聴くというよりは 演出に圧倒されます

 

黒い羊はコールとかいっさいなく無言でみんな見るって感じ

 

結局これなんですね これが欅坂の魅力なんだとわかりました

もう普通に歌やダンスのパフォーマンス合戦は終わって

ライブの面白さは欅坂が頂点に君臨してる

 

普通の人はこれをちゃんと2時間見たいと思うし

ぼくも若者だったら他の地下アイドルよりこっちに金を払いたいと思う

 

 

 

坂道グループ 現状のアイドルをまとめるとこうだ

・欅坂はグループ内ごたごた 暗い でも歌と演出は最高

・乃木坂は欅坂ほど曲に重みはない でも歴史がある

・日向坂は歴史も曲の重みもないけど明るさがある

 

でも基本的どのグループも所詮はまがい物って感じがぬぐえない

それでも ほかの地下アイドルがそれ以上に糞すぎるので

「坂道が売れるのは健全だよ」と思ってしますのが悲しいです

 

 

全盛期のももクロエビ中がこれ以下だとは思えない

でもももクロエビ中はこうなる基盤を作れなかった

 

スタダ運営が本気で若いファンを取り入れようとしたり

乃木坂や欅坂を研究しようとしてこなかったツケを払ってる状況なのではないか

 

ぼくはもう「話のネタが現場ヲタ」みたいな吐き気がする世界はいい

 

明日は乃木坂全国握手会です