アイドル見るのが呼吸ZZ

河合向日葵 NGT46 アメフラっシ ロッカジャポニカ 奥森皐月 いぎなり東北産 乃木坂46 桜エビ~ず 欅坂

11/18 ロッカジャポニカ「MUGEN」発売リリイベららぽーと富士見 MUGENを解説

ももクロ妹分 アイドルグループ

ロッカジャポニカの新曲MUGENリリイベ

ららぽーと富士見観てきました

f:id:tc26_a:20181118191822j:plain

 

ロッカジャポニカのフリーライブ観に行くの久々なので

どんくら人集まってるのか興味りましたが…少なかったです

優先エリアが意味ないくらいしか集まってない だからといって凄く減ってるわけでもない 中途半端

 

 

ライブの感想

内山あみのソロ曲がありました

「とっくに披露されてるやつなのかな?」と思ったら初披露だったみたい

www.youtube.com

 

ソロ曲初披露っていっても

↑無限の内山あみパートのフル版なだけです(^_^;)

 

よーするに

今回メンバー全員のソロ曲がカップリングに収録されるけど

単なる無限のそれぞれのパートのフル版ってことです

 

 

では新曲MUGENの解説を

この曲はよーするに DJプレイを一曲として発表しました って感じですね

それがありならなんでもありだし そもそも大したことやってねーべ

凄いことしなきゃいけない 凄い曲出さなきゃいけないって焦りの塊みたいな曲です

 

賛否両論っていうか 否のほうが圧倒的に多そうな駄曲にしか聴こえない

 

 

…と言うのが一般的な意見でしょうが ぼくの感想はちょっと違います

 

この無限という曲はヒジョーによく出来てます

これよーく聴くと恋愛ソングばかり散りばめられてるんですよ

 

 

スターダストプロモーションは実は裏テーマがあって

そう簡単に恋愛ソングは歌わない 恋愛ソングはなるべく封印ってコンセプトがあります 恋愛ソングを歌ったらよくあるグループになってしまう と

(クラウンポップだけは歌いまくりだけど)

 

 

そしてロッカジャポニカはこれまで恋愛ソングを排除してきました

しかし今回ついに恋愛ソングを解禁です

恋愛ソングを解禁 でもありきたりな恋愛ソングでは駄目だ

じゃあDJプレイという形で恋愛ソングを歌ってることに気づかせないようにしよう

 

ってコンセプトなんですよ ぶっちゃけあまり曲としては好きじゃないけど

かなり上手いやり方だなぁ と関心しました

 

 

が 結局曲としては糞なので誰も聴きません

そしてMVも とてつもなく酷いので 誰も繰り返し見ないので再生数は伸びません

 

 

久々にロッカジャポニカを見て思ったのですが

f:id:tc26_a:20181118193400j:plain

今の自分は「ロリではない大人のアイドル乃木坂」にハマっているので

ロッカジャポニカロリコンアイドルにしか見えない

 

 

それと

f:id:tc26_a:20181118193408j:plain

乃木坂の美しい映像のMVに慣れてしまっているので

余計にロッカジャポニカのMVが酷く見えてしまう

 

予算の問題じゃないと思う

スタダから美しい映像を撮る気が感じられないし MVを軽視してる

 

 

 

生のロッカジャポニカを見て驚いたのが高井千帆

f:id:tc26_a:20181118194013j:plain

かなり美人な子に成長してる

のだが 高井千帆は なぜか写真や映像だと微妙なんです昔から(^_^;)

けど生だととんでもない美人に成長してます

 

おそらく高井千帆も乃木坂や欅坂にいれば今頃選抜で活躍してます

よくまぁこれだけの逸材をここまでぶち壊しにできるよなぁ

逆に凄いよスターダストプロモーション!!

と言いたくなります笑(キングレコードもだけどね)

 

 

MUGENを褒めましたが コンセプトは確かに良いけど

正直この曲自体がロッカジャポニカを否定してる最悪な曲とも言えます

今回のソロは自分たちが歌いたい歌を歌っています

つまりロッカジャポニカのような歌は本当は歌いたくないと言ってるに等しい

 

女子高生が歌いたくない 聴きたくない曲を誰が聴くのか

ロッカジャポニカは何のために存在してるのか 誰に向けて歌っているのか

椎名るかはアニソンが歌いたい 高井千帆は正統派アイドルソング

なら そういう正統派な楽曲歌えばよくね…と思ってしまうのだが