アイドル見るのが呼吸ZZ

河合向日葵 ときめき宣伝部 私立恵比寿中学 いぎなり東北産 乃木坂46 ばってん少女隊 桜エビ~ず はちみつロケット 欅坂

乃木坂齋藤飛鳥主演映画「あの頃、君を追いかけた」 名作になれたかもしれない迷作

乃木坂46 齋藤飛鳥主演の映画

あの頃、君を追いかけた 観てきました

f:id:tc26_a:20181008222920j:plain

 

まずこの映画 上映館が少ないです

上映館が少ないのはまだわかります

 

上映回数自体が少ないです

 

あまり人が入らないから回数が減ったならわかります

初日から少ないです笑 酷い!

 

それだけ「確実にコケる」と思われたんでしょうね

信じられないことに渋谷の映画館で初日上映一回

でしたからね…

 

なので「ちょっくらレイトショーで観てくるか」ってのも難しい状態です そもそもレイトショーでやってる館も少ないので

 

www.youtube.com

 

予告を観てもつまらなそうだ

面白くないから必死に面白そうな場面繋げた予告に見える

まったく話題にならないのはこの予告も原因だろうな

 

 

 

映画の感想

そもそもぼくは 元々齋藤飛鳥推しである

一番最初に乃木坂46が誕生した時に

全メンバー無料握手会というのを開催したんです

その時にぼくは齋藤飛鳥を選んで当選しました

 

正直乃木坂の1期メンバーはストレートに可愛い系は少なく

可愛くてロリなのが齋藤飛鳥くらいだったのです

 

月日は流れ現在の齋藤飛鳥

ぶっちゃけ ぼく個人の(あくまでぼく個人の です)

齋藤飛鳥の印象は

 

カラダのエロさを抜いた上坂すみれ

ですね

 

でもそれって 料理の知識がない美味しんぼ山岡士郎

みたいなもんなので

 

「えーと ようするに齋藤飛鳥って何が売りなの?」

というのが 世間の印象ではなかろうか…

 

一応フォローしときますが乃木坂工事中の齋藤飛鳥は面白いですよ!

無理やりドSキャラの印象つけられたり

 

 

で 映画の内容ですが

まず齋藤飛鳥の演技が酷い それと大画面でみるとそんなに可愛くない ここまでは予想通り でもこれで終わらなかった

 

一緒に出演してる女優 松本穂香のほうが可愛くてエロい

完全に公開処刑されてる つーか

明らかに松本穂香が渾身の演技で齋藤飛鳥を殺しにかかってる

 

途中からこれ松本穂香の宣伝映画になってないか? になります

 

 

ストーリーは最初高校生活から始まる青春ドラマ

最後は結婚式で終わる

 

色んな所で言われてるが原作映画が台湾映画なので

「これどこの国の話なの?」と混乱してくる

例えば二人で願い事を書いたミニ気球みたいなの飛ばすけど

おそらく台湾の文化なので見てる人は???

 

その他にも他の国っぽい床屋だったり店だったり

「なら齋藤飛鳥主演で台湾映画撮れや!」と言いたくなる

 

 

齋藤飛鳥は学年トップの物静かでインテリのお嬢様役なんだけど

どうみてもちょっと可愛いからってアイドル目指しそうな痛いヤンキーにしか見えないので役が合ってなさ過ぎる

本来そこを演技力でカバーすべきなんだろうけど

お嬢様を表現するはずが”たんなる棒読み”なので

「この子はどういう性格なんだろう」と終始観客は??状態

 

時々デレるツンデレの性格のはずが 単なる齋藤飛鳥にしか見えない

 

全然勉強しない不真面目な主人公が齋藤飛鳥の前の席になることで

一緒に勉強するようになり テストの点が良くなるって話なのだが

なぜか夜中まで教室で二人で居残り勉強とか「どういう流れでそうなるの?」みたいなファンタジーのシーンが多くなって真面目に見るのが馬鹿らしくなってくる(^_^;)

 

背中が青く滲んだ干されてる制服が出てくるのだが

意味がわからない 途中で「あー齋藤飛鳥にペンで突っつかれた跡ね」と気づくが わかりにくい

この映画はこんな感じで全編わかりにくい

 

じゃあつまらないかっていうと そうでもない

結局真面目に勉強しない主人公に呆れて付き合うこともなく

最終的に別の男と齋藤飛鳥の結婚式に主人公が向かうってオチです

 

予想を裏切る切ない展開に驚かされるので

よくある本当にどうしようもないスイーツ映画とは違う

けどそこまで飽きずに見れるかって言うと微妙だしなぁ…

 

上映時間が無駄に長いので90分くらいにカットすれば

それなりに泣ける映画にできたんじゃないかな

 

個人的に一番の問題点は齋藤飛鳥の演技力でもルックスでもない

齋藤飛鳥のカラダがあまりにもエロくなさすぎるのだ!

文章にするとアホらしいけど 実際に見ると そう思うよ

齋藤飛鳥がエロくなさすぎる アレもぺったんで体も細すぎる

松本穂香のほうが遥かにエロい

 

 

どうすればよかったのか考えた

主演を佐藤楓に変更 友達役を寺田蘭世

お母さん役に伊藤かりん

これでいいだろ

 

ちなみに乃木坂の映画は全部コケてる

これは乃木坂が人気無いわけではなく最初から力入れてない

あさひなぐ」もそうだけど優遇されてるメンバーへのご褒美みたいなもんだろう

 

ただ…響はガチで平手友梨奈を売り出す予定だったっぽいので

痛手かも

 

ハッキリいってオススメできる映画ではありません

齋藤飛鳥が必死に頑張る姿を見て楽しめる人だけオススメです