アイドル見るのが呼吸ZZ

河合向日葵 ときめき宣伝部 私立恵比寿中学 いぎなり東北産 乃木坂46 ばってん少女隊 桜エビ~ず はちみつロケット 欅坂

欅坂 平手友梨奈主演「響」観に行ったらももクロ「幕が上がる」よりはマシだったけど酷いは酷いな

欅坂の平手友梨奈主演の映画

響を初日に観に行ってきました

www.youtube.com

 

平手友梨奈に興味はありませんが

一応欅坂を応援しているので観てきました

 

個人的に一番気になるのが

ももクロ主演映画「幕が上がる」と比べて面白いのか?でしたが

そのハードルは楽々超えてると思います 幕が上がるほんと酷いので

 

じゃあ面白いかといえば…うーん

 

ちなみにこの映画 映画の内容と関係無いところがすでに面白い

ももクロにとって欅坂はライバル関係なのだが

メインキャラクターがスタダの北川景子だし

柳楽優弥まで出てる

なのでスタダアイドルは響を叩くことはできない

スタダファンも響を叩くことはできない そこまで計算してこの配役なのか?

 

 

ストーリーざっくり説明すると

謎の女子高生 響(平手友梨奈)が何かの小説の賞に応募して

名前と住所載ってないから廃棄されそうになるけど内容面白かったって所からスタート

 

そもそもこの映画は出だしからヒジョーにわかりにくい

JKが小説って時点で勝手に「ライトノベルでも書いてるのかな」って想像するけど

芥川賞とかそっち系の話なんだってわかるまでに時間がかかってズレが生じる

 

響って子は暴力女の頭がおかしい子に見えるけど

よくよく考えてみれば「殴られるようなこと言ったよねこいつ」って人に暴力振るってるだけなので 「この映画はちゃんと責任を取れよっていうテーマなんだろうな」

と 実は深い内容なのでは?と思ったら…

 

ヤマなしオチなし意味なしでした

みたいな映画です

 

響VS親の七光りアヤカ・ウィルソンVS謎の男小栗旬

芥川賞バトルの展開になるのだが

響とアヤカ・ウィルソン二人きりのシーンの大根演技が凄くてまったく熱くなれない

 

平手友梨奈の酷い演技を楽しみに来た客は

北川景子アヤカ・ウィルソンの大根演技に驚愕することになる

 

 

ここまでの暴力はまぁ筋は通ってるが

さすがにそれはコミュニケーション取れるんじゃないのかって暴力のオチなので

無茶苦茶な映画である

 

謎の男小栗旬も ラストの「才能無いから死にたいなんて馬鹿じゃないの」と説教されるためだけに存在するような脇役なので深い意味はない

 

これだけボロクソに言ってるから酷い映画かと言えばそうでもない

アイドル映画としてはよくできている

 

綾波レイみたいなキャラだけど部屋には動物のぬいぐるが置いてあったり

ちゃんと「こう見えて動物好きでした」というオチも用意されてし

文学好きなので尊敬する小説家には握手を求めるというデレも用意されてる

 

ここらへんの配分はとても上手く感じた

なので「ただの暴力映画なのかな?…そうでもないか…いやただの暴力映画でした」

という糞映画だけど平手友梨奈の宣伝としては悪くないと思う

 

ただ…この映画は根本的な欠陥を抱えてる

もはや平手友梨奈ブーム終わってるのに平手友梨奈主演映画って 時期が悪すぎる

 

もう世間は長濱ねるブームだ

平手友梨奈は凄いと思わせるドーピング切れたから次は長濱ねるで

ほんわかした新生欅坂だ!って時に平手友梨奈を宣伝しても…

これは誰得なんだ 

 

長濱ねる主演の可愛らしい映画か 土生瑞穂主演映画が良かったな

f:id:tc26_a:20180915010200j:plain

とはいえ そういった”可愛らしい”のアンチテーゼとしての平手友梨奈なので

戦略としては間違ってないんだろうけど…

(女性から見たら長濱ねるなんてぶりっ子の糞女だろうし)

 

「いっくらなんでも色気なさ過ぎるよ ちゃんとアイドルっぽい子出せ」になるのか

「むしろ平手友梨奈だったから広い層が見る映画になった」になるのか

 

 

来月は乃木坂の齋藤飛鳥主演映画が公開されるけど

齋藤飛鳥って乃木坂第一期メンバーのベテランだぜ?世代交代進んでなさ過ぎでしょ

欅坂も乃木坂も景気が良いように見えて苦しそう