アイドル見るのが呼吸ZZ

河合向日葵 NGT48  ロッカジャポニカ 奥森皐月  乃木坂46 桜エビ~ず 欅坂

NGT48にいがったフレンド終了 NGTは全盛期のエビ中だった

ももいろクローバーZ スタダアイドルから

乃木坂 欅坂 NGT STUに移行しつつある自分ですが

 

ついに今まで応援して大絶賛していたNGT48の冠番組

にいがったフレンド終了のニュースが発表されました

 

news.nifty.com

 

 

にいがったフレンドはロッチとメンバーが新潟市内をぶらぶらする

何も考えてない自由で低予算の面白い番組で

ジワジワ評判が広まって 第二の水曜どうでしょうになりつつある番組でした

 

でも事件の影響で終了に

 

では具体的に事件後番組はどうなっていたのか 知らない人に説明します

 

まず1月に事件が起こる

その後はその時点で収録が終わっているものを放送していました

事件後に放送されたのは荻野由佳達の埼玉県ロケ

その次が菅原りこ達の放送 なんと立て続けに事件で騒がれてるメンバーの放送で騒然となった

 

そして2月

ついに放送するものがなくなり総集編二回で切り抜ける状態に

ぶっちゃけこの後に番組終了ならダメージは少なかった

問題はここからです

 

 

なんとにいがったフレンドは事件後にロケを収録し

復活したのです

 

f:id:tc26_a:20190317202621j:plain

f:id:tc26_a:20190317202625j:plain

f:id:tc26_a:20190317202631j:plain

なんとこの状況自体もネタにする空気

完全に復活して「あっがたフレは終わらないんだ」って流れができていたのです

 

 

 

しかも 次の回でも

f:id:tc26_a:20190317202741j:plain

番組終わる可能性ない?がネタにできる空気で

まったく終わる予定はなかったことがわかります

 

 

そして最後に

f:id:tc26_a:20190317202908j:plain

明らかに事件の影響で研究生二人の回

今月で終わりなのでこのメンバーでのロケ後半が実質最終回で

最後はたぶん総集編で終了だと思われます

 

 

完全に続く流れで急ににいがったフレンド終了なので

「にいがったフレンドは続ける予定だったのに偉い人が急遽終了に変更した」

と思われます

 

なのでダメージがとても大きいです

最初の記事のタイトルでもあったように ここまでくるとNGT解散の可能性が高くなる

この状況で続けても意味がないし

 

 

 

おそらくNGT自体はそこまで詳しくないけどにいがったフレンドは見てた人もいた

にいがったフレンドはとても愛される番組でした

なぜにいがったフレンドはここまで愛される番組だったのか?

 

それはにいがったフレンドがちゃんと物語を作る番組だったからです

毎回ロケで 適当なお店に撮影許可をもらい入る

時々昔行った店に行ったりする 自然とにいがったフレンドでロケした場所が聖地になる

 

越谷レイクタウンタワーレコードも聖地の一つです

f:id:tc26_a:20190304012134j:plain

ほかのアイドルグループが苦しんでるのは これをやってないからです

ただ歌とダンスやって狭い世界で歌ダンス合戦やるだけ

でも本当に必要なのは物語です

 

もっと具体的に言うと 他者との交流が不可欠なのです

劇場での公演や握手会とは別の離れた世界での他者との交流

それを少しずつ重ねることにより 関係ない層からも支持されるようになる

 

酷い言い方すれば 握手会とかで接する気持ち悪い現実とは別の世界との交流もみんなに見せなきゃいけない 地下アイドルはそれをやらないからいつまでたっても地下

名ばかりメジャーデビューのグループもずっと地下

 

 

そして…私立恵比寿中学は昔それをやっていたのです

f:id:tc26_a:20190317204143j:plain

むかーし放送されていたエビ中の番組内で

千住緑町の商店街を盛り上げようって企画をやっていたのです

そこで買い物した人はステッカーが貰えました

 

f:id:tc26_a:20190317204546j:plain

しかし番組終了と同時に千住緑町との交流も終わり

千住緑町を覚えてる人もいないだろうし 新規のファンはそんなことがあったことも知らないと思います

 

エビ中が弱ってる今だからこそ番組とか関係なく交流を続ければいいのに

楽曲だのパフォーマンスだの そんなものはまったく大事じゃない

本当に大事なのはこういった物語なのです

 

 

NGT48のにいがったフレンドは終わります

でもこれだけ愛された番組で終了が惜しまれるのは素晴らしいことだと思う

終わってもずっとNGTは一部の人に愛され続ける

 

 

唯一心残りなのは中村歩加です

f:id:tc26_a:20190317205142p:plain

中村歩加はがたフレ出演回数も多く

この番組にかけてた

 

f:id:tc26_a:20190317205148j:plain

中村歩加が一番がたフレ終了にショックをうけてると思う

はっきり言ってAKB自体が終わってるのでがたフレを通じて知名度上げる以外に

あゆ太郎が売れる方法は存在しない がたフレ終了の時点でNGTメンバーは詰んでる

 

CROWN POP三田美吹がメンヘラ化? クラポは黒い羊をカバーしろ

ももいろクローバーZ スタダアイドルから

乃木坂 欅坂 STU NGTに移行しつつある自分ですが

 

ももクロ妹分アイドルグループ クラウンポップのメンバーの

三田美吹が大変なことになってます

f:id:tc26_a:20190317103139j:plain

ameblo.jp

 

高校卒業しました。
 
 
高校生活で考え方が180度変わった
 
 
 
高校生活で見たものは
決して綺麗なものではなかったかもしれない
 
 
心が苦しい
 
 
人と関わるのが怖くなった
 
 
 
1人でいる時間が増え
周りの見え方、聞こえてくる声、
全てが違うように感じた

 

いったい三田美吹に何があったんだ笑
 
・クラスの女子の寝取った
それで嫌われるのは自業自得だからないだろう
・美人なので嫉妬された
うーん それだけでこんなことになるのか
・真面目なのにヤンキー高校に行ってしまった?もしくは真面目な高校だと思ったらヤンキーだらけでついていけなかったとか
この可能性が高いか
 
 
 
この前三田さんについて書きましたが

tc26-a.hatenadiary.jp

 

三田さんが欅坂の黒い羊聴いてるってのは

自分が置かれた状況と似ていたからなんですね

 

 

 

しかしブログはそんな酷い高校生活だったけど最後はみんなと和解した?っぽいことが書かれてます ほんとかよ

 

まぁ誇張してファンを増やそうって作戦の可能性もあるけどね

 

 

そんでここから本題なんですけど

クラウンポップは黒い羊をカバーしたほうがいい

今のままだと 単なる地下アイドルで終わる

 

何かを変えたいなら欅坂の黒い羊のカバーをするしかない

三田美吹をセンターにして

そもそもクラポでも浮いてるし

 

これは冗談ではなく色んな意味があります 

 

・そもそも今のスタダ楽曲より良い

・あまりにもあざといカバーなので逆に誰もやらないからインパクト大

・自分らは生歌でできる というアピールになる

 

そう 一番のアピールポイントは

「自分らはちゃんとボイトレとかしてるから欅坂の楽曲を生歌でできる」

というアピールになるのです

 

そこに欅坂の面白い振り付けも加われば 完璧

黒い羊のカバーを続けて「あそこは黒い羊のカバーをやる」というイメージがつけばいい宣伝になる そのまま他の欅曲もカバーしていけばいいし

今月の23日に放送される坂道TVという番組で黒い羊のフルバージョンを放送するみたいなので それを録画して振り付けを覚えればいい

 

 

ただ…問題なのは はたしてあの振り付けで歌えるのか

あの演劇みたいなダンスで歌うことが可能なのか

その挑戦の意味も含めて カバーは面白いと思う

クラポに限らず 他のグループもやればいい

はちみつロケット澪風は乃木坂に入るべきだった…哀愁に満ちたブログ

ももいろクローバーZ スタダアイドルから

乃木坂 欅坂 STU NGTに移行しつつある自分ですが

 

ももクロ妹分 はちみつロケット澪風ちゃんがブログ更新しました

 

ameblo.jp

 

ここ最近のリリイベの欠席は大学受験に専念するためだったみたいです

しかし残念ながら不合格…(じゃあ進学しないのだろうか?)

 

 

このブログには今のはちみつロケットの問題点が全て詰まっている

突っ込みどころ満載です

 

 

 

はちロケでミスばっかりの時でも、
学校に行けば私を頼ってくれる人、甘えさせてくれる人がいるから、
ライブで自信が無くなっちゃったり、めげたりせずに、ずっと楽しかったのかなって思う!!

 

メンバーは誰も澪風ちゃんをケアしてあげないのかよ!!

まずこの時点で「澪風ちゃんアイドル活動より学校のほうが楽しかったんじゃね?」と思ってしまう

 

しかも卒業と大学受験不合格のブログなおに

メンバーとの写真は一切無い

 

 

 

で 案の定コスプレの写真載せてるし

澪風ちゃんはアニオタっていうよりも”コスプレイヤー”ってのは当たってたみたいですね

 

アニオタならまだしも コスプレ大好きな子だから

普通のリア充カースト上位の女には見下される なのではちみつロケットでは孤立することに…

 

 

 

 

しかし である

自分がはちみつロケットのメンバーの立場なら

確かに澪風ちゃんみたいな子にどう接すればいいかわからないと思う笑

だってアニメ好きを公言してるけど そこまで深くないし

どっちかっつーとアニヲタっていうより男性キャラ萌え萌えっぽいし

アニヲタっていうよりコスプレして目立ちたいタイプだし

 

痛い痛い痛いと思ってしまうのも無理はない

 

 

でもさ

澪風ちゃんよりも年上のリーダーのメンバーいるのに

孤立するっておかしいよね

つまり雨宮かのんがまったく機能していない

 

100歩譲って雨宮かのんも若いから仕方ないと考えても

スタッフはなぜこの状況を許した?ってのがある

そもそもリア充組ばかりインスタグラムやTwitterに写真を上げてたスタッフに一番責任があるのではないか 「リア充組がキャッキャしてるからそれを見てスタッフが写真とってネットにアップ」を繰り返してたら永久に澪風ちゃんの写真なんてあがるわけがない 「スタッフと仲良しの人の写真が上がりやすい」とか意味がわからない もっと客観的に色んな戦略を練るのが身近にいるスタッフじゃないのか

 

大きな戦略とか考える前に大事なのはグループの団結力です

なのにこの状況

 

ぼくは今まではちみつロケットについて愚痴ってきましたが

それでも心のそこでは応援してました

でも今回のブログを見て 完全に冷めた感じがします

 

だって澪風ちゃんが孤立してるグループを見続けるだけだし

孤立しないようにケアする大人のメンバーもいないし

スタッフも何も考えてないし(ニコ動の踊ってみた動画を作るなんて根本的な解決になってない)

 

ようするに これが長谷川ミネヒコさんが作るグループなんです

長谷川ミネヒコってなんで評判悪いの?って疑問に思う人もいるだろうけど

「毎回こうだから」

としか言えない 

 

性格が良いとか悪いとかそういう問題じゃなくて…

ぶっちゃけサイコパスっぽいんだよな

誰も望んでないのに播磨さんをギャグ担当にして一人で面白がったり

他人の気持ちとか客観的に物事を考えるとかできなさそう

 

 

でも正直今の時代は澪風ちゃんみたいなタイプの子を売り込むのは難しい

なぜ難しいと言えばオタクの細分化が進みすぎてるからです

 

例えばスタッフの中に「ぼくアニメに詳しいです」って人がいたとする

でも十中八九ラブライバー とかその程度の話だったりする

本当の意味でのアニオタ探すのはかなり難しい

 

でも本当の意味でアニメに詳しい人がいないと戦略はたてられない

あまり詳しくない人達がやると どう考えても落ち目のニコニコ動画に「踊ってみた動画を投稿してみよう」とかになる

(あれ宣伝になるどころか芸能人の澪風ちゃんが素人になるだけだからね)

 

なのでアイドル業界に限らず色んな業界がボロボロなので簡単な話じゃない

 

 

 

澪風ちゃんみたいな子は乃木坂46に入るべきだった

f:id:tc26_a:20190317100255j:plain

乃木坂はたまたま人格者が集まり

学校に馴染めなかった子とかが救われるグループになって

温かい雰囲気を見るのが楽しいから国民的グループに成長した

 

乃木坂メンバーのモバメとればわかるけどみんな仲良しだ

イジメっ子みたいな子がいない

 

たぶん乃木坂なら澪風ちゃんを受け入れてくれた

松村沙友理もアニメ好きでエヴァを語るコーナーにも出てたし

齋藤飛鳥も自分から孤立する変わり者だし

 

その雰囲気を作ったのも元リーダーの生駒里奈だろう

はたしてはちみつロケット生駒里奈みたいな子がいるだろうか

その他のスタダグループにも

 

根本的な問題はそこなんだよね

 

 

 

 

澪風ちゃんは入るグループ間違えちゃった

もっと温かい子がいるグループに入るべきだった

ロッカジャポニカでもいいし あとなんだろう…ばっしょーとか?

私立恵比寿中学ニューアルバム「MUSiC」感想 天才岡崎体育

ももいろクローバーZ スタダアイドルから

乃木坂 欅坂 NGT STU 日向坂に移行しつつある自分ですが

 

ももクロ妹分グループ 私立恵比寿中学のニューアルバム

「MUSiC」の感想書こうと思います

 

f:id:tc26_a:20190317072344j:plain

まずジャケットは酷いですね

あれですか サブカルに向けて作るとジャケットにメンバーを載せないとか決まりがあるんですかね(^_^;)

 

おそらくですが ジャケットにメンバー載っけないのは

そろそろアイドルグループではなくアーティストとして見られたい

もしくは一般層のファンを取り入れたいって意味が含まれてると思います

 

うん まぁ今のエビ中メンバーを載せるのはビジュアル的にきついって意味もあるんだろうけど

 

 

まず結論ですが

ここ最近のエビ中のアルバムの中では最高傑作だと思います

 

ぼくはエビ中のアルバムは金八が一番好きです 中人はあまり好きじゃない

穴空は意欲作だけどあまり繰り返し聴く気にならない

エビクラシーも完成度は高いけど繰り返し聴く気にならない

 

金八が一番聴きやすい そんでMUSiCは金八に雰囲気が近い

「今のエビ中で金八を作った感」があるのです

(作ってる側はそんなつもりないだろうけど)

 

具体的には説明できない MUSICはこういう曲があるのに

他のアルバムには無かった…ということもないのです

結構昔と似たような曲もあるし

 

でも無理やり言語化すると 金八とMUSICは抜けが良いんですよね

穴空 エビクラシーとか完成度は高いけど高すぎて気軽に聴けない

金八は最初に金八ダンスミュージックから始まるのがいい

 

そんで今回のアルバムも一曲目に金八における金八ダンスミュージック的な曲が来てるのです

 

 

ファミリーコンプレックス

ぼくはこの曲を作った人は天才だと思います

まずこの曲長いです 体感的には三曲分くらい

 

でもこれ あえてそう作ってるんですよね

明らかにギャグで三つくらいの曲をくっつけてる

なので聴いてると「あー次の曲始まったんだな…いや続いてるはずだし」

と混乱してくる

 

そういったギャグソングだけど作ってる人は本気で泣かせようとしてます

本気で泣かせようとしてるけど明らかにギャグソングなのです

 

「この身体に流れる血が語りかける」と完全に笑わせようとしてる

でも真ん中の歌詞は本気で泣かせようとしてる

「人数減ってエビ中ヤバイけど心配すんな」ってメッセージだけど

天才作家がそれをお涙頂戴ソングにしないで ユーモアを盛り込んで

幅広い層に聴かせようと必死に作り込んでるのがわかるんですよね

 

ぼくは私立恵比寿中学は解散したほうがいいと思ってるけど

この曲が誕生したのなら解散しなくて良かったかもと少し思いました

(少しな)

 

 

 

そしてもう一つの名曲 曇天

これは成長したエビ中の真面目な恋愛ソングだけど

フユコイ 春の嵐に続くエビ中の恋愛ソングの傑作だと思います

 

なぜ曇天が素晴らしいかと言えば歌詞が抽象的すぎて意味がわからない

意味不明です もちろん気持ちが離れていってるカップルの歌なのはわかりますが説明不足で勝手に解釈する意味不明な歌詞 ぼくは論理的で解釈できる歌詞も好きですが最終的に意味不明が好きです

 

意味不明なのになんで感動するのか

それはサビになった瞬間の激しいバックの演奏で感情を表現してるからです

切ない恋の曲なのに 物凄い力強い演奏の矛盾 演奏が感情を表現してるから歌詞はいらないんですよね ぼくにとってこれがツボなのです

 

こんなにシリアスな曲の次にでかどんでんが来る ここの繋も好きです

曇天(どんてん)のあとにでかどんでんって明らかに狙ってるし

 

でかどんでんもMVで大嫌いになってたけど高音質で聴くとサウンドがカッコいい ぼくはこれが発売した時期エビ中嫌いだったから酷評したけど

エビ中ファンで本当に音楽詳しい奴が「でかどんでん実は良い曲なんだぜ」って説明すべきだった でもいなかった 「自称音楽に詳しいサブカル野郎」がエビ中に食いついてるだけだからだ その現状が悲しい

 

具体的にでかどんでんの良さを説明すると日本の音楽的なわかりやすい

AメロBメロサビみたいな作りではなくループ

そんでギターもベースラインもカッコいい 動くベースラインも好きだけど

ずっと同じベースラインを繰り返し刻んでるのも好き

16分音符鳴り続けてるからファンク曲

1分33秒あたりからチキチキチキチキって鳴ってるのが16分音符

ここは聴き取りやすいだけで たぶん終始鳴り続けてる

 

 

純粋なサウンドとしてはアルバムの中ではでかどんでんが一番好き

作った人は洋楽とか好きなマニアックな人だろうなってのが伝わってくるし

あの面白くないふざけたMVが勿体なかったね

 

明日もきっと70点も抜けがいい

BUZZER BEATERとかどうでもいい曲が入ってるけど

それでも他のアルバムよりも繰り返し聴く気になる

アルバムとしては金八よりも上じゃないかと思うほど良いアルバム

 

 

 

ここまでは 私立恵比寿中学が大好きな自分としての感想

 

 

 

 

じゃあ客観的に見るとどうか?

あまり褒められたアルバムじゃないと思います

「踊るロクデナシ」とかほぼブラジルっぽい曲を今のエビ中で真面目にやりました的な 置きにきた感じがする

ももクロとの曲も無駄だし(ファン拡大のために無理やり作った曲)

 

ぼくが褒めてる曲も 所詮はファンにとっては素晴らしいだけであって

世の中には同じくらい良い曲は腐るほどあります リリースされてます

 

ぶっちゃけ欅坂46の黒い羊や日向坂46のキュンには遠く及ばない

「欅坂や乃木坂をぶっ倒すんだ」みたいな気概が感じられない

「現状維持の保身」

 

もし本気で自分らもここから巻き返すんだと考えるなら

賛否両論の問題作を作るべきだった でもそれは無いから

欅坂のようなワクワク感は無いんですよね(つーかどのグループも)

3/16 桜エビ~ず池袋マルイフリーライブ 非ロリコンを集めないとスタダは変わらない

ももいろクローバーZ スタダアイドルから

乃木坂 欅坂 NGT STU 日向坂に移行しつつある自分ですが

 

私立恵比寿中学の妹分 桜エビ~ずの池袋マルイフリーライブ観てきました

f:id:tc26_a:20190316224645j:plain

 

池袋マルイのイベントスペース初めてでしたが

前方の人以外はまともに観えない酷い会場でした(^_^;)

自分はファストパスを使って前方に行きました(スタンプ5個)

 

 

さて 最近桜エビ~ずのブログのコメントが増えてます

今回は茜空の生誕祭ということもあり 茜空のブログのコメントが多い

 

「じゃあ人気出てきたのかな?」ってなりそうですが 実は違うんですよね

ときめき宣伝部とかもそうですが 単に特典会で認知されてお友達感覚になってる人達がコメントしてるだけなんです

 

お友達感覚ファンが多いアイドルのブログはコメントが多い

コメントが少なくても人気があるグループはある

つまり桜エビ~ずは今あまり良くない状況にあります…

 

案の定 実際のお客さんの数はそんなに多くなかった

多くないっていうかファンの数が増えてない

ネットだけ見るとアイドル楽曲大賞とかで盛り上がったけど

結局サブカルさん達は現場に来てくれない その程度

 

 

ライブの感想

生誕祭で特別な衣装とか着るのか期待したけど 普通の制服衣装だった

いや別に制服でいいんだけど

 

エビ中の踊るガリ勉や 茜空と順番にメンバーがデュエットのメドレーカバーとか カバーが多くてあまり桜エビ~ずの楽曲をやらない

℃-ute大きな愛でもてなしてをやったけど大半の人はわからなかったのでは? キラキラを初めて生で見たけど やっぱそんなに良くないな

桜エビ~ずは昔の楽曲のほうが良かった

 

最後の最後に茜空のエビ中「大好きだよ」のカバーがあった

それは素晴らしかったのだが 茜空の歌声がいいていうよりも

大好きだよが名曲なんだよなぁ あれマイナーなカップリング曲にしとくのは勿体無いよね

 

途中で茜空の高校生活についてのMCがあった

仕事で遊べなかったり髪を染められなかったり辛かった的な話

やっぱ茜空が一番辛そうって予想は当たっていたな

それでも舞台にあがると楽しい的な美談にしてたが胡散臭い

未来があると思えないし

 

 

今回は撮影可タイムがあった

f:id:tc26_a:20190316225938j:plain

スタダのアイドルを見て思うのが やっぱロリコン

髪が黒いからロリコンとかそういう問題じゃない気がしてきた

 

f:id:tc26_a:20190316230100j:plain

おそらく スタダ顔自体がロリなのだ

元々スタダ顔がロリで そこに「髪を染めない」がプラスされ更にロリに

 

 

乃木坂メンバーを見ればわかるけど

f:id:tc26_a:20190316230223j:plain

根本的に何かが違うのだ

阪口珠美だって同じくらいの歳だけど桜エビ~ずみたいなロリに見えないし

 

 

 

 

で こっからが本題

じゃあスタダアイドルはみんなロリ顔なのかと言えばそうでもない

f:id:tc26_a:20190316230544j:plain

村星りじゅはロリロリではない

いぎなり東北産の伊達花彩だってロリ顔ではないし

しかしそれらのメンバーは不人気になる運命にある

ロリじゃないから

 

いや 正確に言えば顔の問題ではなく

漫画やアニメのキャラクターみたいな明るい子じゃないと人気が出ない

スタダは漫画やアニメのような明るく元気いっぱいの子を強要されてる

そして それはスタダに限った話じゃない

それがだんだん苦しくなって 無理が生じてみんな辞めていくのです

 

 

 

f:id:tc26_a:20190316230514j:plain

みんな口に出さないけど「アホらしい」って気づいてるから

アイドルに飽きて現場から去っているのです そしてアイドル業界が縮小してるのです

別に元気いっぱいの明るい子が好きな事が悪いわけじゃない

だけど…そんな人だけが集まるのがアイドル現場になったら自然と人気も偏るし

「人間にアニメや漫画を求める気持ち悪い場所」になるし

 

 

f:id:tc26_a:20190316231524j:plain

じゃあそんなにアイドルっぽくない村星りじゅが人気出るべきってのも違う

たぶんそれはそれで「俺は村星りじゅをわかってるぜ」的な人が出てくるだけだ

じゃあどうすればいいのか?

 

最終的には「普通に綺麗な子も食いつく一般人に近いファンを増やす」だが

それが難しいから アイドル業界は破滅に向かうしかないんじゃないかな

 

 

f:id:tc26_a:20190316231831j:plain

ぼくはロリロリではなく美しい子が好きです

元気いっぱいの女の子だけが人気になるのは健全じゃない

 

 

 

最後に

f:id:tc26_a:20190316232000j:plain

撮影可なので 足も撮っておきました

左が川瀬あやめ 右が桜井美里

 

f:id:tc26_a:20190316232005j:plain

左が茜空 右が芹澤もあ

 

 

 

f:id:tc26_a:20190316232010j:plain

水春の足がいちばんエッチぃですね

 

ぼくが日向坂46の楽曲が好きな理由

ももいろクローバーZ スタダアイドルから

乃木坂 欅坂 NGT STUに移行しつつある自分ですが

 

ここ最近発表されてる日向坂の楽曲が凄いことになってます

 

www.hinatazaka46.com

 

正直アイドルグループとしてはそこまで好きではありませんが

ここ最近の日向坂の楽曲は素晴らしいです

 

まず日向坂というグループの説明ですが

もともとはひらがなのけやき坂

そもそも謎の理由で欅坂の中から誕生したグループ

ネガティブな曲を歌う欅坂から生まれたので差別化を図るために

明るい曲を歌うグループに

 

面白いのが 欅坂も日向坂も極端なんですよね(^_^;)

欅坂は思いっきり暗くて 日向坂は明るい その時点で面白いです

 

でもぼくはひらがな時代の日向坂の楽曲はそこまで好きではありません

アルバムの「走り出す瞬間」の楽曲はそんなに良くない

期待していない自分は持ち上げられすぎだし

永遠の白線と半分の記憶も好きだけど そこまで好きってわけでもない

 

日向坂の曲のレベルが上ったのは黒い羊のカップリング曲の

www.youtube.com

「君に話しておきたいこと」

 

日向坂のコンセプトはおそらく欅坂と真逆で

「世界を肯定する曲を歌う」だと思います

その結果「とにかく幸せな恋愛ソングを過剰なテンションで歌う」

 

ぼくがこれは凄く良いと思います なぜなら”ダサさを引き受けてるから”

オシャレな曲を歌うのと真逆で あえてダサさを引き受けてる

そして単に「世の中悪いことばかりじゃないよ!」ではなく

「恋愛ソング」に絞る

 

ぶっちゃけぼくは「ハッピーオーラ」という曲が嫌いです MVも

あれこそ典型的な単なる能天気な「嫌なことばかりじゃないよ頑張って」みたいな曲 だからそれまでひらがなけやきに興味持てなかった

 

 

しかし「君に話しておきたいこと」は面白いんですよね

普通の曲のようでいて実は狂ってますから

 

まず歌い出しが面白い

「今ぼくが何よりも守りたい 愛は君がくれたものだ」

君に話しておきたいことってタイトルだから 普通は

「今ぼくが何よりも伝えたい」って始まりそうなのに 守りたい

 

で これシチュエーションがおかしいんですよ

一緒にいる恋人に急に「今ぼくが何よりも守りたい愛は君がくれたものだ」

と言い出して「頭大丈夫?」とキョトンとされるって曲なんですよ

 

つまり欅坂もヤバイけど日向坂の楽曲も相当ヤバイんですよ

あまりにも過剰に愛を語り過ぎて もはやギャグスレスレ

 

 

www.hinatazaka46.com

キュンは今流行りのK-pop的なサウンドにキュンキュンな歌詞を載せた狂った楽曲だし 一番までは そこそこまともだけど

二番がヤバイ

 

「電車の中に紛れ込んできたモンシロチョウが肩に止まった時 君は両手でそっと捕まえて開けた窓から逃してあげた 好きだよ」

ってまともに感動させようとしてるように思えないんですよね笑

 

www.hinatazaka46.com

ジョイフルラブも君が好き好き大好きって曲で

もはや怖い スピリチュアルを感じる

 

 

 

極めつけは ときめき草ですよ

www.hinatazaka46.com

もう完全に気が狂ってる

こんどはどんな恋愛ソングよ?って流れで

今度は「今まで普通に接してたけど もう友達のままじゃいられないよ」ってのを激しいサウンドで歌う こりゃ完全にギャグですよ

 

しかもタイトルがときめき草ってクサじゃないですよ ときめきそう

「きみにときめきそうだ」と「ときめき草」って草が生えたってのをかけてるんですよ  ここまでくると「あー日向坂は別の方向で狂った曲を出していくのがコンセプトのグループなんだな」とわかります

 

 

とにかく発表される曲がどれも面白いので

日向坂の楽曲が好きになりました

 

 

しかし である

正直 「世界を肯定する曲」としては 微妙だと思う

良い曲ではあるけど それでもやっぱ客を馬鹿にしてる感はあるし

深みはまったく感じられない

 

良いときのスタダアイドルの楽曲こそがまさに

「世界を肯定する楽曲」の傑作なんです

なので本来は

世の中の息苦しさを歌う欅坂に対して

世界を肯定するスタダ 

くらいの大きな存在でいなきゃいけないんですよね スタダは

というかももいろクローバーZ

 

なんでスタダがここまで落ちぶれたかといえば

そういった明確なコンセプトが抜け落ちてるからです

根幹に哲学思想が無い

 

スタダでたまたま名曲が生まれても

www.youtube.com

それは”たまたま”であって

「俺たちは欅坂に勝つんだ!俺たちはこういう曲をぶつけるんだ!」って明確な信念 情熱 心がない ので偶然名曲が誕生 で終わってしまう

 

 

 

別に坂道グループが売れてるから持ち上げるわけではなく

坂道グループはちゃんとグループのコンセプトがしっかりしてるので

「次は何がくるんだろう?」とわくわくできる

 

今のアイドルグループでこんなにわくわくできるのは欅坂と日向坂だけだ

(乃木坂は好きだけど曲はショージキ微妙)

sora tob sakanaメジャー1stアルバム「World Fragment Tour」感想

ももいろクローバーZ スタダアイドルから

乃木坂 欅坂 NGT STUに移りつつある自分ですが

 

sora tob sakanaのメジャー1stアルバム

ワールドフラグメントツアーを買いました

f:id:tc26_a:20190314063249j:plain

 

まず曲の感想以前に

ジャケットが酷いですよね(^_^;)

メンバーの顔がない いや ほかのミニアルバムもそうだけど

 

これが「サブカル臭さ」の始まりのです

とにかくオシャレぶればカッコいいと勘違いしてる

写真無しで しかも特にカッコいいデザインなわけでもない

何を狙ってるのかさっぱりわからない

 

曲の感想

 

まず今回のアルバムを聴いて最初に感じたのは

明らかにエレキギターの音を封印”している

サカナの楽曲はロックンロール的なエレキギターっていうよりも

凛として時雨みたいなエレクトリックなギターサウンドが特徴的だった

 

しかし今回は封印

その結果 ドラムベース トロンボーン打ち込み 他の楽器が強調され

自然と”渋谷系 ジャズ”の方向に向かう

 

ぶっちゃけた話 エレキギターの迫力のあるサウンドを抜いた結果

ただのつまらないサウンドになってしまったてのがざっくりした感想です

 

具体的に言うと「メジャーだから”ちゃんとした音楽”?をやろう」で

落ち着いた歌詞 サウンドで 結果「退化してるだけ」に聴こえてしまう

 

例えば「燃えない呪文」はトロンボーンとベースとドラムで

「なんか下北沢系のバンドでありそうな曲…」って感じだし

「ありふれた群青」はとてもいいサウンドなんだけど 単なるJAZZ

「じゃあ普通のJAZZ聴けばいいんじゃね?」と思ってしまう

 

11曲もあるんだから普通は一曲くらいガツンとしたのがあるけど

残念なことに一曲も「これだけは!」ってのがない

リード曲が何の変哲もない劣化パフューム?みたいなknockknockって曲だし

 

 

 

わかりやすく言うと 今までは完全な中二病だからオサカナの曲が面白かったのです

 

単なる意識が高いオシャレと違って サウンド自体が中二病だし

歌詞も中二病だった その最高傑作がalright epで

その中の「秘密」が傑作だった

 

しかしメジャーデビューが関係してるのか 大人しめの歌詞で

何も頭に入ってこないのです 特に深いメッセージもない

たぶん あえてそうしてる 気軽に聴けるように

でもそれってオサカナなの?? っていうか単なる普通の良質な曲なら

アイドルでやる必要あるぅ?となってしまう

 

マニアックな話をすると ギターを前にださないベースドラムサウンドなら

本来なら「アニソン」に行くべきだけど そっちのも行かずに

単なる中二病を抜いた大人のサウンドになってしまった

 

 

 

この感想だけ読んだら まるでとんでもないアルバムみたいに誤解されるけどBGMとしては最高です 燃えない呪文もありふれた群青もいいとおもう

 

しかし これはアイドルソングなので

どうしても”あの曲が発売された後”を無視できないのです

 

欅坂46の黒い羊を聴いた後だと

「まだこんなことやってんのか?」って気持ちがどうしても拭えない

ぼくは「秘密」の更にパワーアップ版を期待したのですが

中二病のパワーアップ版を

 

 

でもこんだけ音楽に誠実であるサウンドプロデューサーの照井さんが作ったアルバムを酷評するのは心苦しい エビ中春の嵐も作ってくれたし

今までのアルバムは全部いい

 

じゃあ何が悪かったのか? ぶっちゃけネタ切れ

あと照井さんほぼ一人で作詞作曲に限界がきてる 特に歌詞が

欅坂や日向坂の歌詞と比べるとあまりにも言葉の力が足りない

 

 

ぼくはギターを封印してベースを前にだすサウンド

渋谷系ともアニソンとも言えない その先の曲を知っちゃってるので

どうしても辛口になっちゃうんですよね

www.youtube.com