アイドル見るのが呼吸ZZ

河合向日葵 NGT48 キンプリ 乃木坂46  欅坂

5/26乃木坂46横浜アリーナ「Sing Out!」発売記念ライブ まるで全盛期のももクロのような素晴らしいライブ

ももいろクローバーZ スタダアイドルから

乃木坂 欅坂 日向坂 NGT STUに移行しつつある自分ですが

 

ついに乃木坂46の単独ライブ

有料ライブに行きました

f:id:tc26_a:20190527002239j:plain

ニューシングル 「Sing Out!」発売記念ライブ

横浜アリーナ 三日目の選抜メンバーライブ

 

 

 

まず自分が一番気になっていた客層

全国握手会と違ってほぼほぼ若い人ってわけではありませんでした

有料ライブは結構おじさんも多め それでも若者は多い

 

これには色々とわけがあると思います

まず今日は選抜ライブなのでベテランが多数応募した

それとあくまで当選した人が集まっただけなので

若い人だけ当選させれば完全に若者の現場にすることも可能なはず

昔からのファンもいるので 若者とおじさんの半々くらいってことだと思う

 

それと若い人は四期メンバーの日に応募した

もしくは四期メンバーの日に若者を多く当選させたのかもしれない

 

 

驚いたのは女性ファンの多さです

握手会でも女性ファンは多めでしたが 有料ライブでも多め

ももクロのライブも女性客は多かったですが

正直ももクロのライブはコスプレしに行きたいだけのファッションモノノフの女が多い印象でした

 

しかし乃木坂の女性客は一期生二期生からのファンって感じの

濃いファンが多い印象なんですよね

なんか昔からファンの年齢高めの人が多かったです

なので乃木坂の女性ファンは下手すりゃ若いノギヲタより詳しい人多そう

 

 

 

さて ライブの感想の前に

まず なぜ国民的アイドルクラスの乃木坂がシングル発売だけで横浜アリーナでライブするのか これはかなり戦略的です

 

夏に開催予定のドームツアーを完売させるのが狙いだと思います

この急遽開催された横浜アリーナのライブの勢いで先行申し込みさせて

全国のドームをちゃんと完売させて乃木坂が人気あることを知らしめる作戦

四期の新規ファンとか増やしてファン拡大も狙ってる

ほんと抜け目がなくて怖いですね…乃木坂の運営は

 

 

そしてライブの感想前に一つ

まず横浜アリーナという箱が良すぎる

もういろんな箱経験した人ならわかると思うけど

ぶっちゃけそこそこ有名になったアーティストやグループは

横浜アリーナさいたまスーパーアリーナクラスの箱が一番ちょうどいい

ドームのコンサートは本当に糞

音は悪いし遠いし

 

なので乃木坂クラスなのに横浜アリーナで開催されたライブって補正があることを先に断っておきます

 

 

 

 

先に結論を言うとぼくは今回のはじめての乃木坂のライブで泣きました

非の打ち所がない完璧なライブでした

 

ぶっちゃけ「乃木坂自体は良いグループだけど ライブは安っぽいので叩く予定」でした でも予想が外れた

 

 

乃木坂46ライブアイドルだったのです”

 

まずオーバーチュアが流れた後に Sing Out!からスタート

この時点で涙が溢れました

 

MVで聴くのと生で見るのとでは全然違うのです

フェスのダサい感じの 特にサウンドにこだわったわけでもない

ジャンクフードみたいな楽曲

 

でもその安っぽい「みんなで助けよう」みたいな歌詞を横浜アリーナで大音量で国民的クラスのアイドルがやったら泣ける

 

これはおそらく「その逆のほうが楽」だからだ

欅坂のように「世の中の闇」みたいなこと歌うほうが真実みたいで楽だけど

このダサさの引き受けは凄まじくカッコいい

 

齋藤飛鳥のソロのダンスとか生だと全然違った

 

その後のインフルエンサーやおいでシャンプーの時点で

「乃木坂のライブを舐めてましたすいません」という状態に

 

 

ようするにこれは全盛期のももクロそのものなのです

たいしたことない曲を普通にやるだけ

具体的に言うとももクロの「キミノアト」をずっとやってるだけだ

それで十分感動する

 

 

ももいろクローバーZは「キミノアト」を百田夏菜子が歌うだけで十分なのだ

それなのに運営の焦りで無理して大きく見せようとして変な曲がどんどん増えて自滅していったのだ

 

 

乃木坂のライブを生で体感してわかった

乃木坂の武器である「メロディが汚い曲がない」「電波曲が少ない」は

実はとてつもない武器だった

 

耳障りな曲が来ないからずっと楽しめる

確かにももクロのように「これはとんでもない曲」みたいな必殺技は無い

でも「トイレタイム」が無いのだ

 

 

唯一微妙だった曲は頬杖をついては眠れないって曲だったけど

それ以外全部素晴らしい(今回特にセトリが良かったのかもしれないけど)

これでトキメキメキメキとか意外BREAKがあれば完璧だったけどね

 

 

 

そして最大の魅力が アイドルっぽいMCが無いことです

何回かMCが挟まれたけど 普通の大人の女性の会話で自然だった

秋元真夏横浜アリーナは二回目ですとか

齋藤飛鳥白石麻衣出演のドラマに感動した話とか

 

萌え萌えキュン的な 一般人にお出しできないMCが皆無です

このへんから「どうして乃木坂がここまで上がってきたのか」わかる

というか 頭が悪そうに見えない が大きい

 

 

 

途中で松村沙友理がさゆりんご軍団の衣装で登場し

アンダー組であるさゆりんご軍団のメンバーを呼ぶ

この時点でアンダー日だけ観に行った人が激怒すると思うが…

なんと卒業した伊藤かりんも登場

 

これはやってはいけないと思った笑

アンダーライブ日応募して当選したり落選したりした人の気持ちはどうなるんだよ笑 今日見に来た人美味しすぎるじゃん

これはぶっ叩かれてもしょうがない

 

実質この日が伊藤かりんの本当の卒業ライブとなりました

 

 

 

生で見ると乃木坂メンバーのスタイルの良さがわかる

高山一実とか梅澤美波とか背の高いメンバーが多い

だからロリ臭がまったくしない 日本版のK-popをみてるかのよう

 

そんなスペックでは語れないガチのメンバーの人柄や仲の良さもあるし

大学生くらいの若者が わざわざ乃木坂からももクロに移る理由がない

なので乃木坂以外のグループに若者が来るのは難しい っていうか

無理だと思います

 

だって9000円くらいのチケットぽんぽん変えないし

乃木坂飽きたら欅坂か日向坂行くし 

もう坂道以外のアイドルグループは詰んでるに等しいですね

 

 

それでもももいろクローバーZにぼくは初心に戻って乃木坂とぶつかってほしい ももクロは人気が落ちたんじゃなくて自ら自滅しただけだ

不安神経症にならずに自信をもって普通の曲をももクロメンバーが歌えばいいだけ それだけで乃木坂になれるのに 新しいアルバムの楽曲は酷い

 

乃木坂のSing Outを聴いてわかった

もう争いとかどうでもいいからみんなでアイドル業界を乃木坂と一緒に盛り上げる気持ちが大事 それが無いから勝手に自滅してるんです

客の奪い合いではなくアイドル業界そのものをみんなで盛り上げる姿勢が無いから閉鎖的になる

 

 

ももクロファンこそ乃木坂ライブを観に行ったほうがいい

良かった頃のももクロライブがそこにある

 

 

 

個人的に好きだったのはロマンスのスタートですかね

生の平行線も良かったけど

選抜に鈴木絢音がいたことも良かったし

良かった部分をあげたらきりがない

最高のライブだった

ホストクラブのラストソングの傑作 king&Prince「シンデレラガール」の魅力はほぼ高橋海人

ももいろクローバーZ スタダアイドルから

乃木坂 欅坂 日向坂 NGT STUに移行しつつある自分ですが

 

今回はなぜキンプリのシンデレラガールが傑作なのか説明しようと思います

 

 

まずシンデレラガールの魅力を語る上で欠かせないのは

シンデレラガールは”まるでホストクラブのラストソングのために作られたかってくらいホストクラブのラストソングっぽい”曲なんですよね(^_^;)

 

ホストクラブのラストソングってのは

その日一番金を使った客に向けて ホストがカラオケで曲歌ってくれるサービスのことです

 

たぶんシンデレラガールはラストソングでめっちゃ歌われてると思います

 

 

で これは別にジャニーズの楽曲馬鹿にしてるわけでもなんでもなく

そもそも ホストクラブのラストソングっぽい曲が

少なすぎるってことが問題なのです

 

 

これは同時に”ビジュアル系の衰退”も関係していて

同時に同じような曲ばかり巷に溢れてるということ

 

 

つまりシンデレラガールを語ることは

同時に今の音楽業界の問題点を語ることに等しいのです

 

 

あくまでぼくの個人的な考えですが

純粋に音楽が好きなら ユニークな歌詞のジャニーズ楽曲に興味持つのが普通だと思うんですよね

 

ジャニーズに限らず”ホストクラブのラストソングっぽいの”とか

そうならない時点でぼくは自称音楽通は信用していない

なぜなら「よくこんな似たような歌詞やボーカルで満足できるな」だから

 

別にジャニーズを好きになれって意味ではなく

似たようなボーカルで溢れてる今の音楽で満足する感覚がわからない

 

 

 

例えば ジャニーズじゃなくてもいい

アイドリッシュセブンでもいいんですよ

男性声優楽曲でもいい

 

普通に純粋に音楽が好きなら男であろうとそっちにも興味持つはずだと思う

でも そうならないならおかしいし ぼくは信用しません

 

だってアイドリッシュセブン楽曲とか「これは女性が聴くもの」で切り捨てるような曲じゃねーだろ笑 すげーかっこいいのもあるし

 

 

シンデレラガールを語るとなると その規模の話になるんですよね

 

 

 

”女性向けアイドルソング”の話をわかりやすくざっくり言うと

ようするにアニメ声 アニソンっぽい歌 アニソンっぽい歌唱

その時点で普通のバンドのボーカルとは違って個性的でいいよねって話

 

 

 

 

で ここからシンデレラガールの細かい話になりますが

今のジャニーズはあまりにもグループが増えすぎて

”ジャニーズ楽曲””ジャニーズっぽさ”と一括りにできない状態になってます

はっきり言って楽曲が糞なグループまみれ 

特にジャニーズっぽい歌唱でもないグループもゴロゴロしてる

 

 

でもキンプリは声質自体が凄くジャニーズっぽいのです

明らかにキンプリは声が良い

そしてその中でも高橋海人パートがいい味を出しているのです

 

 

 

シンデレラガールを聴けばわかりますが

明らかにアニメ声っぽい人が歌うパートがあります

それが高橋海人です

 

 

しかし残念なことにぼくが大好きな高橋海人パートの二番は

ほぼテレビではカットされるし音源をちゃんと買った人しか聴けないんですよね(^_^;)

 

 

二番の感想に入る前の箇所は色んな魅力が詰まっています

まず高橋海人パート多め それと普通だったらギターソロが入る箇所に

ベースソロが入る そもそも二番のベースラインがかっこいい

 

シンデレラガールをテレビでしか聴いたことがない人と

フルで聴いた人では感想が変わると思います

そのくらい二番がいい

 

 

 

しかし…一つ解せないのはデビュー曲がシンデレラガールなのに

その後のシングルはホストクラブのラストソング臭が薄まってるんですよね

元々そっち方面に行く予定じゃなかったのに コンペで良い曲来たからそれでデビューしてその後は違う路線って感じなんでしょうか

 

なので正直キンプリはシンデレラガールの一発屋状態になっています

ジャニーズ楽曲の良さのベースは「100%勇気」だと思う

ももいろクローバーZ スタダアイドルから

乃木坂 欅坂 日向坂 NGT STUに移行しつつある自分ですが

 

今回はジャニーズの楽曲について語ろうと思います

 

 

ぼくは「今のジャニーズの楽曲は良くない」と思ってますが

じゃあ逆に「良い時のジャニーズ楽曲とは何か」について解説します

 

 

あくまで個人的ですが ぼくにとってのジャニーズの良さとは

www.youtube.com

 

忍たま乱太郎のOPです

つまりジャニーズ=アニソンっぽい

今のジャニーズ楽曲が悪い理由=忍たま乱太郎っぽさがない

で説明できます

 

 

ぼくはテゴマスのボク+キミ=LOVE?も好きですが

www.youtube.com

OP2のヘイセイジャンプ(正確にはヘイセイ7)の曲も好きです

なぜなら これこそ忍たま乱太郎っぽい時のジャニーズ ですよね

 

 

 

で ジャニーズ楽曲でファンに人気ある曲=忍たま乱太郎なんですよ

 

 

キンプリのデビュー前の曲で個人的に好きな曲

www.youtube.com

ドリームボーイズも100%勇気っぽいし

良い時は古き良きジャニーズっぽい楽曲 ダメな時は「何これEXILE?」って楽曲のパターン(あとつまらないバラードとか)

 

 

 

そんで忍たま乱太郎の感じも残しつつ 程よくかっこつけた感じが

www.youtube.com

alrightなんですが

ぼくはAlright!が一番好きです 完璧と言っていい

話は逸れるけど 結局今の女性アイドルとか

ももいろクローバーZのニューアルバムとか

オシャレにしすぎたり 大きく見せようとしてサウンド小難しくしたり

それで結局「もうアーティストやれば?」「アイドル?」なんですよね

 

こんくらいで十分なんだよ

Princess Princeもいいとは思うがそこまで好きではない

 

 

で 話を戻して今のジャニーズ楽曲がなぜ駄目なのか

スタダ女性アイドルと同じ過ちを繰り返してるって話になりますが

 

 

この上記で紹介した楽曲はデビュー前や初期の楽曲なんですよ

 

スタダ女子アイドルと同じように「初期は面白かったのに」

キンプリのシンデレラガールは良かったけど それ以降のシングルは正直うーん

 

こっちはテゴマスみたいな曲を聴きたいのに

なのでぼくはキンプリのアルバムは正直デビュー前の音源が入ったディスク2のために買います ぶっちゃけアルバム曲にはあまり期待していません

 

 

次はキンプリのデビュー曲

シンデレラガールがなぜ凄いのかについて語ります

ジャニーズ楽曲の中で一番少女漫画っぽい「テゴマス」の魅力

ももいろクローバーZ スタダアイドルから

乃木坂 欅坂 日向坂 NGT STUに移行しつつある自分ですが

 

今回はジャニーズのテゴマスについて語ろうと思います

 

 

まずぼくはジャニーズ楽曲に詳しいわけではありませんが

テゴマスがジャニーズ楽曲の中で一番優れてると思います

 

理由は一番少女漫画っぽくて 少女漫画のOPっぽくて

アニソンっぽいからです

 

そもそも

www.youtube.com

アニメの主題歌もやってますし

 

 

おそらく「音楽通だけどジャニーズ楽曲も優れてるよ」的な人や

音楽雑誌がジャニーズ楽曲特集を組む場合

まずテゴマス楽曲が取り上げられることは無いと思います

 

 

ぼくはそのこと自体が音楽業界の問題だと思ってる

例えば「ジャニーズも凄い」的な話になると

おそらく西寺郷太さんの話とか「実は作り込まれてる」的な話に行きやすい

でもぼくはジャニーズの本質的な魅力はそこに無いと思う

 

 

ぼくはこのブログで何度も「アニソン」が凄い

「良い曲は基本的にアニソンっぽい」という理論を唱えてますが

テゴマスの楽曲はまさにそれですね

 

 

 

 

テゴマス楽曲の具体的な話に入る前に言いたいのは

ジャニーズの楽曲はレベルが下がってると思います

そもそも SMAP以外で誰もが口ずさめるヒット曲がここ数年であっただろうか

 

ジャニーズの番組とかで色んなグループの曲聴いたけど本当に酷い

EXILEっぽいのとかK-popっぽいのとか「これジャニーズ歌う必要ある?」みたいな「普通に格好つけただけの曲」ばかりになってる

 

ぼくはスタダ男性アイドルがそこそこ売れた理由の一つに

ジャニーズ楽曲の質の低下は確実にあると思う

 

ぼくがここ最近で音楽番組で唯一良いと思ったのは

https://www.bilibili.com/video/av38716144/

山下智久のプレイバックカバーくらいですね

 

 

 

で テゴマス話に戻りますが

テゴマス楽曲はとてもダサいのです

 

ダサいっていうかユニークな歌詞ばかりだ

一番好きなボク+キミも「そんな男いるわけないだろ」的な

夢見がちな女性の妄想みたいな曲ばかり

 

つまり逆をいうとテゴマスが一番ダサさを引き受けるカッコいいグループだったと言えます

 

キンプリのシンデレラガールが良かったのは久しぶりにダサさを引き受けるカッコいい曲だったからです

 

 

 

スタダアイドルで言えば

www.youtube.com

良い時のときめき宣伝部がテゴマスに似てますよね

ぼくの好きな曲は一貫しているのです

アニソンっぽい 少女漫画っぽい

 

テゴマスが評価されないことが 日本の音楽メディアのレベルの低さを表しているのです

 

 

次はスタダアイドルの問題点とジャニーズの問題点は似てる話を書きます

今後はジャニーズも語るブログにする予定 

ももいろクローバーZ スタダアイドルから

乃木坂 欅坂 日向坂 NGT STUに移行しつつある自分ですが

 

今後はこのブログでジャニーズも語ることにしようと思います

 

 

というか

女性アイドルで語ることが無くなってきたからです

 

全てのアイドルを把握してるわけではありませんが

ほぼほぼ 今の時代の女性アイドルは 金太郎飴のように

どの子も似たり寄ったりの性格なので 語ることがありません

 

・自分には何も無いけどチヤホヤされたい

・これといった変わった趣味もなくスマフォ中毒

・基本的に頭悪そう

 

 

なので語ることがない いや正確に言えば掘り下げることは可能だけど

誰か掘り下げたところでその他大勢の子と同じなので面白くない

本当に個性的な子 魅力的な女性は 今の時代にアイドルやろうとなんてしない

それがぼくの結論です

 

乃木坂は 言い方悪いですが”マシ”なので応援します

とはいえ乃木坂はかなり良いグループだと思います

 

twitter.com

 

ぶっちゃけ魅力的な女性応援したいなら フリーアナウンサー山本萩子見りゃ良い

 

 

 

しかし…男性アイドルを見ると 女性アイドルと違って

みんな逞しく成長している

 

スタダ男子アイドルもみんな頭悪そうには見えない

女アイドルだけがダサくて頭悪そう

これは本人だけの問題じゃなく社会システムに欠陥があるのではないか

女を調子乗らせすぎな構造があるのではないか

 

 

結論として「なんか男アイドル見てるほうが面白いな」になりました

 

 

というか そもそもぼくはジャニーズが嫌いではなく

キンプリもチェックしてるし ジャニーズ全体でも語ることがある

なんとなく女性アイドルブログだから語っていなかっただけで

 

 

そもそも ぼくは女性目線で女性アイドルを見てたと思う

だから女性から見たら今のアイドルはダサくて吐き気がするのがわかる

ジャニーズも女性目線で語ることができる

 

 

なので今後はジャニーズも語るブログにする予定です

なぜジャニーズ”も”なのかは 一応女性アイドルで語ることができたら語りたいから

 

 

 

あとジャニーズも語りたい一番の理由

アクセス稼ぎでジャニーズ語る系サブカル男子ブログに適当なこと言われたくないから

それとたぶん音楽ライターとか音楽雑誌はジャニーズに媚び売ってるだけでまともにジャニーズ楽曲を語っていない

 

自分が日本で一番ジャニーズ語れる自信がある

今自分が応援してるグループはキンプリとなにわ男子

 

とりあえず次回は 「ジャニーズの楽曲はテゴマスが一番優れてる」を語りたいと思います

乃木坂46高山一実の小説「トラペジウム」の感想1

ももいろクローバーZ スタダアイドルから

乃木坂 欅坂 日向坂 NGT STUに移行しつつある自分ですが

 

乃木坂46のメンバーである高山一実が書いた小説

トラペジウムの感想を書こうと思います

 

f:id:tc26_a:20190513024406j:plain

といっても まだ全部は読んでいないので途中までの感想

続きは読み終わってから書きます

 

 

まずこの小説 小説の面白さ 上手さ とか以前に

”ある変わった特徴”があります

 

その変わった特徴が 良さであり また最大の欠点でもあるのです

 

 

その変わった特徴とは何か

主人公はほぼ高山一実ということです

「そりゃアイドルグループを作りたい主人公の話なんだからほぼ私小説に近そうだし本人が主人公でしょ」と言われそうですが でも読めばわかるのですが

 

主人公は陰キャラっぽい性格で描かれているのです

でも高山一実さんは陰キャラではなく むしろヤンキーです

 

つまり”陰キャラのように描かれてるけど実際はヤンキー”という変な主人公のお話だから それが面白さでもあり 欠点でもある

 

 

具体的に言うと

陰キャラだから華のある女の子を集めるために奮闘するストーリーだけど

時折ギョッとする強気な発言や考えをするので「この主人公なんなの?」「サイコパスなの?」「多重人格なの?」みたいな混乱を生む

 

なんてことはない 普通にヤンキーとして描けばいいのに

高山さんが謙虚に自分を陰キャラとして設定するからおかしくなってるだけなのである

 

ただ…”中身はヤンキーなんだけどアイドル好きのおかしな人”としてちゃんと描けてないとも言えるので 単に著者の力量不足とも言えます

 

 

なのでこれからトラペジウムを読む人は

「これは千葉の田舎のヤンキー娘が主人公」と脳内補完すればスムーズに読めると思います

 

 

全体のストーリーの感想は全て読み終わってから書きますが

とりあえず今のところは正直…中高生が書いたライトノベルって感じでしょうか

遺言4 スタダヲタモノノフはアイドルファンではなく古参自慢したいだけだ

ももいろクローバーZ スタダアイドルから

乃木坂 欅坂 日向坂 NGT STUに移行しつつある自分ですが

 

先日書いたブログに貴重なご意見が寄せられました

f:id:tc26_a:20190513012955j:plain

 

 

ぼくはスタダヲタの問題点指摘しきったつもりになっていたが

重要なことを書き忘れていました

 

それはスタダヲタのおじさん達が

古参アピールしたいだけの生き物ということ

 

 

ぼくがあまりにも古参アピールに興味が無いので見落としてました

 

そもそもぼくが私立恵比寿中学ヲタのおじいちゃんが大嫌いな理由は

結局良い人ぶってるけど古参アピールしたいだけの存在だからだ

誰か脱退したら昔撮ったツーショット写真見せたりね

 

 

 

前から「どうしてスタダ現場だけアイドルの話をしないんだ?」と不思議に思っていましたが 理由を思い出しました

 

スタダヲタの人達は 「俺はこの現場もこの現場もちゃんと行ったぜ!(エッヘン)」みたいな自慢だけが生きがい ”現場自慢だけが唯一の心の支え”みたいな人が多いんですよね…

 

おそらく乃木坂や欅坂のファンにそういった人は少ないと思います

いるとは思うが

 

 

 

 

 

昔このブログで取り上げた

lineblog.me

 

花壇に座っていた40代ほどの男性に声をかけた。「あの……はちロケを観に来た方ですか?」「ああ、そうです」「今日のライブレポートを書くことになっているんですけど、ファンの方の声を聞きたくて」そう伝えると男性は、なぜはちロケを応援することになったのか事細かに教えてくれた。「僕、(雨宮)かのんちゃんのファンなんですけど、もう5年前から応援してて。……今年3月にメジャーデビューをして、ようやくの今日じゃないですか。だから感動もひとしおなんです」話を聞くと、この男性は雨宮がかつて在籍していたチーム大王イカ時代からライブに通っており、2016年『はちロケ50本ライブ』やこれまでのリリースイベントも全公演にも足を運んでいるという。

 ↑このライターにインタビューされたはちロケファンも

今思うと典型的な古参アピールですよね…

 

俺は昔から雨宮かのん応援してるんだぞぉおおおおだけが心の支えだから

雨宮かのんの魅力とかグループの魅力を語ることはできない

 

 

 

しかし不思議ですよね

なんでスタダアイドルのファンだけそうなってるんだ?

 

ハロヲタやのぎヲタがみんな人格者とは言わないが

明らかに今のスタダヲタよりはメンバーや曲の話してそうだし

スタダ女性アイドルのファンだけがおかしくなった理由ってなんだろう

 

 

初期はロックファンが食いついた

だからZになりたての頃は音楽通のファンが多かった

落ち目になって楽曲でももクロのファンになった層が減った

「れにちゃん良い子だねぇ」みたいなおじいちゃんだけが残った

その層は音楽もダンスも興味無いので話のネタが現場通った自慢しかない

 

って感じなのか?

 

 

 

 

しかし今考えると3Bjunior

3Bjuniorメンバーが在籍するグループのファンの頭がおかしかった理由がわかりますね ようするに「俺3B時代から追っかけてたぜ」自慢おじさんが多かったから

 

クラウンポップが比較的まともなのは良い意味で歴史が無いからなのかな